マルチチャネルレポート活用時の注意点/カスタムフィルタ

LINEで送る
Pocket

管理画面右上のアナリティクス設定でフィルタをかけている場合ってとても多いですよね。
IP除外とか、メディアや参照元のフィルタリング【上書き】、URL統一など様々あるかと。

たとえば、facebookのメディアをリファラーからsocialに変えるとか。
カスタムフィルタ


分かり易くレポートを出す上で非常に重要な機能なのですが、マルチチャネルレポートを利用する時は注意が必要です。

公式ヘルプマルチチャネルとフィルタ

下記のフィルタはマルチチャネルが機能しなくなる。

  1. キャンペーン、KW、参照元、メディア、コンテンツの訪問を除外している場合

  2. URLやページビュー(仮想URL含むのかな)を除外する場合



特定の国(ブラジル)からの訪問を除外する場合は問題ないらしい。

まあ、除外関連は気をつけろってことですね。プロファイル複製が必須か。。
yaruo5

LINEで送る
Pocket

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter