意外と活用されていない!GAサイト内検索での分析方法

LINEで送る
Pocket

サイト内検索






ユーザの求めているものが如実に現れるのが、サイト内検索キーワードです。

なんとグーグルらしい分析機能でしょう。

サイト内検索結果のデータを確認することで、不足しているコンテンツが明確になり、ユーザ満足度をあげることができるでしょう!

ひとつの分析方法が下記になります。


GoogleAnalyticsサイト内検索
図の赤枠「検索による離脱数の割合」はサイト内検索をした後に、ページ遷移をせずに去ってしまっている割合。
この割合が高いほど(100 % に近いほど)ユーザーの検索結果後の満足度は低いと考えられ、サイト内検索の精度を改善する必要性が高くなります。

ここでいうと、「解約」キーワードの検索結果後の離脱率がやや高いと言えますね。

ですので、解約に関する分かりやすい記事と、その導線を確保する、といった改善案が浮かびます。

仮説として、解約関連の情報(コンテンツ)が少ないと考えられます。たとえ、自社にとって解約は不利益だとしても、コンテンツを無くすことで解約を防げるとは思いません。
このユーザはTELサポートセンターで解約をするかもしれません。

満足度の高いコンテンツを提供することで、サポートセンターでの問い合わせを減らす事に役立つでしょう。


LINEで送る
Pocket

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter