キーワードレポートのnot setと not provitedって何?

LINEで送る
Pocket

キーワードレポートから出てくる not set ってなに?

notset notprovitedGoogleAnalytics

主に二つです。

検索エンジン以外の参照元の場合、当然キーワードの値が含まれていないため、not set として
振り分けられる。
でも、そもそもキーワードレポートに振り分ける必要ってないんじゃいのって思いますけどね。

もう一つは、リダイレクトやGoogleAnalyticsのウェブビーコンが正常に読み込まれず(飛ばす)、
情報を取得できなかった際に、not set と表示されます。

そもそもウェブビーコン自体が100%正常に機能するわけではないので、致し方ないですね。

ちなみに not provited は googleにログインしている状態(SLL化・httpsの状態の時)の
検索クエリ(入力文字列)は個人情報の特定に繋がるとの事で、GoogleAnalyticsに関わらず、どの解析ツールにおいても把握することは不可能です。
ちなみにgoogleログイン時のSLL化(not provited)は2012年3月から実施されています。
急激に特定KWからアクセスが減っている場合は、こちらが起因している可能性が大きいです。

ちょっと怖い話ですが、近い将来ログインしていない状態でもクロムブラウザではSSL化になり、検索クエリが取得できなくなるとか。。。

こうなるとSEOの効果測定や、キーワード単位での分析(指名KW/一般KW)が出来なくなります。
プライバシー保護の観点での対策らしいですが、分析する側の人間としては、厳しい状況になりそうです。

LINEで送る
Pocket

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter