ウェブマスターツールとグーグルアナリティクスを同期する方法

LINEで送る
Pocket


アドワーズとGoogleAnalyticsの同期は、かなり浸透してきているかと思うので、

googleウェブマスターツールとの同期方法を記載します。

今後プライバシー保護の観点でキーワードの取得が難しくなる中、

ウェブマスターツールの価値は必ず高まるでしょうね。

SEMを提供する側としては、今後はアドワーズとウェブマスターツールを

GoogleAnalyticsで統一してみることが重要になりそ。

さて、純にご説明。

まず前提として、GoogleAnalyticsのタグが実装されていれば、ウェブマスターツールを利用することが出来、更に同期もGoogleAnalytics管理画面から簡単にできます。

下の画像では、同期をしていない状態で、GoogleAnalyticsの検索エンジン最適化⇒検索クエリを表示したものです。

ここで、ウェブマスターツールのデータ共有機能の設定ボタンをクリックして進みます

ウェブマスターツール1


上記画面から進むと、下記プロパティ設定画面に遷移しますので、ここで none編集をクリックします。
noneてことは、未だ何も設定されてませんよーてことですね。


webmasutertool2


GA管理画面からnoneをクリックすると、ウェブマスターツールの管理画面へと遷移します。
ウェブマスターツールサイトとして、該当するドメインがあるはずなので、保存ボタンを押す。

webmasutertool3


すると、下記のように、関連付け完了のアラート表示。

webmasutertool4


次に、どのプロファイルにウェブマスターツールを同期するかの選択へと進みます。同期したいプロファイルを選びましょう。
まあ全部に紐つけておいて問題ないですよね。

webmasutertool6




最後に適用ボタンで完了。

webmasutertool5







webmasutertool7


同期が完了すると、GA管理画面内の検索エンジン最適化にデータが反映されております。
ここで注意点としては、検索クエリに対しての流入数を細かくカウントするのではなく、大まかな流入数とそれに対する検索エンジンでの表示回数、SEOランクが表示されます。

LINEで送る
Pocket

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter